18:49 2018年09月20日
ハゼ科魚類

明仁天皇、ハゼ科魚類の進化の謎を明らかにする

© 表示-継承
テック&サイエンス
短縮 URL
0 126

明仁天皇率いる日本の研究チームが、ハゼ科魚類であるキヌバリとチャガラの太平洋側と日本海側の地域集団の進化について明らかにした。論文はジーン誌に掲載された。

研究チームは日本海と太平洋から採集したハゼ科魚類であるキヌバリとチャガラの各地域集団に対して分析を行った。

遺伝子分析の結果日本海側のキヌバリと太平洋側のキヌバリが共通の祖先を持つことが判明した。

明仁天皇は生物学と魚類学に関心を寄せており、ハゼ科魚類に関する論文を20編以上発表している。

 

タグ
明仁天皇, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント