08:01 2020年10月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
1110
でフォローする

日本政府の生命倫理委員会は22日、研究目的のための受精卵子の遺伝子改変を許可した。共同通信が報じた。

科学者たちは今後、遺伝性疾患の治療のため、生物の成長の初期段階で重要な役割を果たしている遺伝子を判定するために、人間の受精卵の遺伝子改変を利用できる。

しかし、遺伝的欠陥を修正するために改変されたヒトの卵子を臨床使用することは、間違いのリスクや胎児への将来的影響の有無が未知であることにより、承認されなかった

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント