04:59 2018年09月26日
ハドロン衝突型加速器に関するデータ数百テラバイト分、インターネットで公開

ハドロン衝突型加速器に関するデータ数百テラバイト分、インターネットで公開

© 写真: Image Editor/CERN
テック&サイエンス
短縮 URL
0 82

CERN(欧州原子核研究機構)が2011年に大型ハドロン衝突型加速器から得られたデータ300テラバイト分をインターネット上で一般公開した。

情報は、2つのブロックに分割されている。一方は生のままの情報であり、CERNの科学者自身が使用するもので、他方はすでに処理された情報であり、学生などが使用することができる。

「我々はデータから引き出せる限りのことは引き出した。公衆にそれらを利用できるようにしない理由がない」とCERNの声明にある。科学者たちは公開のメリットは大きいと見ており、たとえば学生や若手研究者を物理学に動機づけることができると見ている。

前回CERNは2014年にデータを公開している。このときは2010年分の27テラバイトの情報が公開された。

関連:

最大威力の太陽フレアが発生
中国で万能薬見つかる
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント