06:41 2018年07月19日
超新星が放射線で地球を撃つ

超新星が放射線で地球を撃つ

© Fotolia / V.P.
テック&サイエンス
短縮 URL
1151

地球近傍にうかぶNASAの探査機が超新星爆発でのみ生まれる鉄の放射性同位体イオンを多数「キャッチ」した。同位体の存在は、地球が青い巨星の残骸から絶えず「砲撃」されていることを示している。サイエンス誌より。

鉄60は超新星内部と赤色巨星の外膜でのみ生まれる希少な鉄の放射性同位体。

最近まで地質学者らはこの元素は地球には存在しないと考えていたが、最近になって鉄60が初めて地球の海洋岩石中に見つかった。これは最近超新星の残骸による爆撃があったことを物語っている。

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント