05:22 2018年07月23日
地球

人類にとって主たる脅威が挙げられる

© Fotolia / James Thew
テック&サイエンス
短縮 URL
0 94

英国オックスフォード大学の研究者らが「グローバルなカタストロフィーのリスク」と題したレポートをまとめた。レポートには近い将来、少なくとも地球の全人口の10%の生命を奪いかねない主な脅威が列挙されている。テレグラフ紙が報じた。

レポートの表した、今後5年で「不明なリスク」のよって起こりうる比較的小規模の脅威には、小惑星の地球への落下や大火山の噴火など人類の行為に直接結びついていないものが挙げられた。

長期的将来では伝染病、核戦争、カタストロフィーを引き起こす規模での気候変動、人工頭脳やロボットなどが危険をもたらしうるとされた。これらの脅威は人類と直接的な関係を持っている。

研究者らは、現在、大多数の諸国の政府は起こりうる危機に対してしかるべく準備ができる状態にないと指摘している。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント