14:43 2017年10月17日
東京+ 14°C
モスクワ+ 7°C
    ロボットの手

    エアバス、コンベアで人間と共同作業するヒューマノイドロボットの開発に着手

    © Flickr/ jeanbaptisteparis
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 39231

    エアバス社は日仏共同でコンベアおよび機内で人間と共同作業するヒューマノイドロボットの開発に着手する。フィナンシャル・タイムズが報じた。

    同社は東京に拠点を置くジョイントロボティクス研究所と協力して複雑な生産任務を実行できるヒューマノイドロボットの開発に関する研究プロジェクトを支援している。10〜15年後に自社工場でのロボットの使用を開始したい考え。

    新しいロボットは既存のモデルよりも軽量化と柔軟化が進んでいるという。人と同じようにしゃがんだり腰をかがめたりできるようになる。人との接触や衝突の際に停止するための複数のセンサーも搭載される。

    タグ
    ロボット
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント