15:22 2017年10月22日
東京+ 18°C
モスクワ-3°C
    ソーセージ

    菜食主義者は3年半長生きすることが判明

    © Flickr/ Steven Depolo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 1687154

    特に加工食品などで肉類を常食する人は菜食主義者に比べて寿命が平均で3年半短いことが明らかとなった。サイエンス・デイリーが伝えた。

    米アリゾナ州メイヨー医科大学の研究者らは150万人以上が参加した6つの実験の結果を比較し、赤肉を食べることは死亡率の上昇につながると結論を出した。

    比較の際に、実験データはいくつかのパターンに分類された。ある実験結果ではベーコンやソーセージ類、ハムなどの加工された肉類ばかりではなく肉全体が悪い影響を及ぼすことが示され、別の実験結果では死亡リスクを高めるのは加工された肉だけであるとされた。

    データにはばらつきがあるものの、肉類を断つことが健康に有益であることは間違いなさそうだ。

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント