14:34 2017年10月17日
東京+ 14°C
モスクワ+ 7°C
    9日に「ミニ蝕」観測の可能性 水星が太陽の視表面に沿って移動

    9日に「ミニ蝕」観測の可能性 水星が太陽の視表面に沿って移動

    © 写真: NASA
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 26810

    100年間に13回か14回しか起こらない、普通なかなか見られない稀な天体現象、つまり水星が太陽の視表面に沿って移動し太陽を隠す「蝕」の現象を、今日9日、観測できるかもしれない。

    地球上からは、水星が移動する際、まるで小さな黒い点が「巨大な」太陽の視表面上を動いてゆくように見える。この現象は、モスクワ時間で14時12分から始まり、21時42分に終わる。ポータル・サイトspace.comが伝えた。

    水星の直径は、太陽の158分の1しかなく、太陽から5800万キロ離れた軌道上を回っているが、この距離は太陽系の惑星の中で一番太陽に近い。水星は、その物理的特徴から言って、月に似ている。

    関連:

    NASA、50以上の特許取得技術を公開
    NASA冥王星の「沈んだハート」の映像公開
    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント