00:22 2018年07月20日
水

インドの学者 海水の安い利用法を発明

© Flickr/ laszlo-photo
テック&サイエンス
短縮 URL
2101

インドのBhabha Atomic Research Centre ( BARC )の学者達は、海水を浄化する方法を発明した。これを用いると海水は、飲料水となる。

南部タミルナド州の学者らは、原子力エネルギーの助けを借りて海水を淡水化する方法を開発した。伝えられるとことでは、原子炉は、塩を含んだ水を蒸気にしてきれいな水にするという。人々は、浄化された水を飲料水として、またその他の家事用に利用できる。

BARCの所長によれば、パンジャブや西ベンガルなどの地域では、この方法を用いた地下水浄化施設が作られた。

インドのモディ首相は、学者らの仕事を高く評価している。

タグ
インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント