22:44 2020年04月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 170
でフォローする

世界的に有名なカンボジアのアンコール・ワット遺跡近くのジャングルの中で、考古学者グループが、これまで知られていなかった古代都市の跡を発見した。新聞「The Guardian」が伝えた。

見つかった都市遺跡は複数で、今から900年から1400年前のものと推定されている。

専門家らは、今回発見された都市群は、かつて存在していたクメール帝国が、12世紀には、世界で最も大きくまた人口も多く独自の繁栄を遂げていたことを証拠立てるものだ、と考えている。

なお都市の中には、当時そうした技術はまだなかったとこれまで思われていた、複雑な灌漑システムの跡も見つかっている。

タグ
歴史
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント