04:16 2017年12月12日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    カップル

    2050年までに人類はセックスを止める

    © Fotolia/ Mikhail_kayl
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 1020

    スタンフォード大学は2050年までに人類はセックスを行わないようになるだろうとの予測を発表した。

    少なくとも、人口を増やす目的での性行為は行われなくなる。もし性交渉が行われるとすれば、それは満足感を目的としたものに限定される。

    この説を唱えているのは避妊薬を開発した同大学のカール・ジェラシー教授(91)。

    ジェラシー氏によれば36年後には若い人の多くは卵子、精子を凍結させ、その後避妊手術を行うようになる。ジェラシー氏は、こうすることによって、女性も男性も妊娠し、心の準備の無いまま親になることなしにセックスを楽しめるようになると語る。堕胎もなくなることから、女性の健康はより守られるようになる。

    関連:

    学者らが警告、青少年の初セックス相手がロボットになる恐れ
    ドイツ人社会学者「学校の性教育で文明崩壊」
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント