15:20 2018年06月23日
考古学者、女性の特異な「伸びた」頭骨発見、韓国

考古学者、女性の特異な「伸びた」頭骨発見、韓国

© Flickr/ rhurtubia
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61

韓国領内での発掘調査で、埋葬されていた特異な人骨が発見された。その女性の頭蓋骨が普通のものと比べ、長すぎるのだ。科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された。

女性は恐らく新羅の時代(紀元前57ー935年)に生きていたと、考古学者はコメントしている。

はじめ学者が出していた仮説は、この民族には、子どものときに人体の頭を変形させる、宗教行事の一部だった可能性のある習慣が存在していたというものだった。しかし、頭骨は伸ばされていたにもかかわらず、頭蓋骨を機械的に圧迫させる際に必ず起こるであろう頭蓋骨の厚みの変化がなかったため、この仮説は立証されなかった。

女性の頭蓋骨がこのような形をとったのは、他の原因によるものだと学者チームは仮定しているが、今のところその原因を述べることは難しいとしている。

 

タグ
歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント