02:03 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 20°C
    マリアナ海溝、地球で最も汚い場所の1つに

    マリアナ海溝、地球で最も汚い場所の1つに

    © 写真: NOAA Office of Ocean Exploration
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    21112

    世界の海で最も深い場所であるマリアナ海溝の有害物質のレベルは、下水や廃棄物が捨てられる海の沿岸よりも目に見えるほど高い。科学誌ネイチャーのニュース部が伝えた。

    この発見はスコットランドのアバディーン大学のアラン・ジェイミソンと同僚によってなされた。アメリカ海洋大気庁(NOAA)が去年行った調査で、マリアナ海溝の底で採取された細菌や甲殻類を調べ、彼らはこのような驚くべき結論に至った。

    深海生物の化学物質含有量を調べ、彼らは恐怖に陥った。深海生物の体内にはガンや不妊を引き起こす危険な有害物質の有意な濃度を発見したのだ。ジェイミソン教授はこう述べる。

    「この発見の教訓はこのようなものだ―もし海に廃棄物を投棄すれば、それは消え去らずに、海底で見つかる。なぜなら海底に蓄積されるからだ」

    「外部の世界から完全に隔離されていると以前は考えられていた環境から有害物質が見つかったことは、最深部にいる動物でさえ、人間の活動の前には脆弱であるということだ」

    タグ
    環境
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント