05:11 2018年01月23日
東京+ 0°C
モスクワ-10°C
    考古学者グループ インドに恐竜がいたことを確認

    考古学者グループ インドに恐竜がいたことを確認

    © Fotolia/ Avanne Troar
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 31

    考古学者グループは、インドで、これまでの調査では約1億5千年前に生息していたと推測される恐竜の足跡が発見された。

    これを見つけたのは、ジェーン・ナライン・ヴィアス大学の考古学・地質学者グループで、彼らの説明によれば、身長3メートル、体長5メートル程度の恐竜の三本指の足跡だとのことだ。レプリカをとった足跡から判断するに、足の大きさは30 см。

    今回足跡が発見されたタール砂漠(インド・ラージャスターン州、パキスタン東部にある砂漠でインダス川が砂漠の西に沿って流れ、流域はインダス文明が栄えた)は、興味深いことに、これまで何度か海になり、水中に沈んでいた。

    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル, インド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント