12:42 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    ハッブル宇宙望遠鏡 キリン座で崩壊寸前の銀河を発見

    ハッブル宇宙望遠鏡 キリン座で崩壊寸前の銀河を発見

    © 写真: NASA Goddard Space Flight Center
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    190160

    キリン座の小さな銀河NGC 1569は、新たな星が形成される非常に活発な活動プロセスにあり、天の川銀河系の近くにある最も不安定な銀河であることが分かった。NGC 1569は事実上、バラバラになりつつある。サイト「ハッブル」が伝えた。

    銀河NGC 1569は、地球から約1100万光年離れている。ハッブル宇宙望遠鏡などの強力な望遠鏡を使って、その個々の星を見ることができる。

    ハッブル望遠鏡が撮影したNGC 1569の画像は、同銀河で天の川銀河系の100倍の速さで星が形成されていることを示している。

    このような「崩壊」は、NGC 1569のガスが同じ銀河群の「お隣さんたち」によって混ざり合っていることが原因である可能性がある。このガスの混ざり合いは、物質の密な塊を形成し、そこに数十、数百という新たな星が形成されることへとつながる。

    タグ
    宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント