10:00 2019年10月19日
大人のおもちゃとロボットが人に代わりセックス・パートナーに

学者:大人のおもちゃとロボットが人に代わりセックス・パートナーに

© Fotolia / Pixelbliss
テック&サイエンス
短縮 URL
0 36
でフォローする

この10年でロボットとのセックスは非常に人気になり、この現象を無視したり、マージナルなものとするのはすでにうまくいかなくなるだろうと、英国の未来学者イエン・ピルソン氏が述べた。氏の意見によれば、それどころか、「ロボフィリア(ロボット性愛)」は承認されるようになるという。主に、女性によって。デイリー・ミラーが報じた。

「機械の愛」というコンセプトは実際のところ何も新しいものはなく、すでに現在、性具市場は非常に多種多様な様相を見せ、性具はより一層と洗練されていっているとピルソン氏は語る。そして、性具がより早く改良されるほど、人々の間で、自分と似たようなものとふれあう必要性が下がる速度がより急速になる。

「2050年までにはセックスロボットの人工知能は非常に強力になり、人々は自らの機械仕掛けのパートナーに恋するようになるだろう。その時には、全地球を「ロボフィリア」エピデミックが覆うだろう」とピルソン氏は指摘する。

関連:

学者らが警告、青少年の初セックス相手がロボットになる恐れ
タグ
ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント