09:46 2018年09月24日
米学者グループ:差別とアルコール依存の間に関係あり

米学者グループ:差別とアルコール依存の間に関係あり

© AFP 2018 / Gregg Newton
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

米アイオワ大学の学者グループは、差別とアルコール依存の間に関係があるとの結論に達した。この研究成果は、雑誌Social Science & Medicineに発表された。

学者達は、差別やアルコール依存に関する研究1200例を選び、6つのオンラインベースを研究した。
そうしてまとめられた統計データによれば、差別主義者と飲酒により健康を害している人達の間に、強い関連性があることが分かった。
研究の中では、人種差別そして女性差別、同性愛差別についても言及された。
学者達は、この分野でより大規模な調査を実施し、それには人種差別だけでなく、宗教や男女差、年齢、性的傾向や障害に関係した差別も含めるよう求めている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント