08:26 2020年04月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
82726
でフォローする

欧州原子核研究機構(CERN)の物理学・高エネルギー研究所にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、学者や一般市民を再び驚かせ、心配させた。ザ・サン紙が伝えた。

実験中に、研究所上空の空の色が紫に変わり、雲から強い渦が立ちのぼった。

超常現象の愛好家たちは、スイス上空に異次元へつながる出入り口が開かれたと考えた。

なお学者たちは、これは微粒子を集める試みが行われた実験によるものだと説明し、市民を落ち着かせた。

関連:

地球の全人口が一斉に飛び跳ねたらどうなる?
引きこもりリスクの更なる原因、東北大学が明らかに
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント