20:24 2018年10月21日
地球物理学者ら、地球を酸素災害が襲う時期を変更

南極上空のオゾンホールが塞がるかもしれない

© 写真: NASA Goddard's Scientific Visualization Studio/C. Starr
テック&サイエンス
短縮 URL
1142

米国の学者たちは、南極上空のオゾンホールが2050年までに完全に塞がる可能性があると発表した。

人類は30年前、太陽の有害な紫外線から地球を守るオゾン層に穴があいているように見えるオゾンホールが、環境災害を引きこす恐れがあることを知った。

そのため1987年に世界の大半の国が、オゾン層を破壊する物質の生産などを規制する方法で主にオゾン層の保護を目的としたモントリオール議定書に署名した。

そして最近の調査の結果、オゾンホールの面積が2000年から400万平方キロ縮小したことが分かった。これは米国本土の面積の半分に匹敵する。

また調査では、大気中の塩素量の減少が、半分以上のオゾンホールを縮小させている可能性があることが分かった。

学者たちは、人間は複数の環境損害を回復することができるとの結論を導き出した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント