07:51 2021年06月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
312
でフォローする

仕事にあまりにも打ち込んでいる人々は、アルコール依存症になる危険性が高い。

学者たちの調査によると、1週間に50時間以上働いている人々は、アルコール依存症の危険率が3倍高かったという。なお、1週間の勤務時間が30-40時間の場合のリスクは、1.5倍だった。

自発的に世論調査に参加した人々は、アルコールの摂取が、仕事の後のリラックスやストレス解消に役立つことを認めたという。

先に伝えられたところによると、モスクワのコリツォフ記念発生生物学研究所の専門家らは、ロシア保健省に、糖尿病治療のため膵臓の機能を回復させる方新しい方法を提供する用意がある

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント