02:18 2020年10月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

コロンビアの森の中で、悪魔の頭のミニチュアを思わせる花を持つ蘭の新種が発見された。学術誌「PhytoKeys」に件の論文が掲載された。

学舎が花を「悪魔」(Telipogon diabolicus)と名付けたのも不思議ではない。地獄の住民に似ている花弁はとげと「爪」で飾り立てられている。茎と花序を合わせた「悪魔の」蘭の長さは10mから15mを超えない。

また、Telipogon diabolicusは絶滅危惧種に指定されたことが明らかになっている。

先に伝えることによると、4万年前現在のベルギーに住んでいたネアンデルタール人はお互いを食べ、骨から道具を作っていた

 

関連:

科学者ら、偶然から新しい青色を発見(写真)
科学者、聖なる牛の尿の中から金を発見
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント