20:13 2018年06月20日
恐竜

日本の科学者ら、恐竜滅亡の原因を解明

© Sputnik / Alexander Imedashvili
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

惑星の大部分を濃い煙で覆ったメキシコのチクシュルーブ火山噴火で一部の恐竜は絶滅した。東北大学の研究者らによって報告された。

最初に被害が出たのは翼竜たち。噴火による煙の吸入の犠牲となった。大気中の煤の層は分厚く、太陽光が届かない地域もできた。これにより陸上生物も徐々に死滅していった。

この説はワニとその仲間たちが今日まで生きのびた理由を説明する。水の防護で汚染から守られたのだ。噴火説は現時点では証明されていないが、仮定のための前提条件は全て揃っているという。

先に伝えられたところによると、研究者らは、恐竜たちがどのような体位でセックスをしていたかについて、最終的な結論に達したことを発表した

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント