12:05 2020年04月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
294
でフォローする

情報の選択的蓄積、たとえば美化された事実のみを記憶することは、記憶をつかさどる脳のシステムの適切な動作にとって有害だ。情報の選択的蓄積に慣れた人々は高齢になって記憶の問題を抱える危険が大きい。「学習と記憶」誌に米国の科学者の研究が発表された。

カリフォルニア大学の研究チームは大規模な実験を行い、高齢者に自分の人生の鮮烈なエピソードを思い出させた。

20人の女性と10人の男性からなる30人の平均年齢は、75歳。テストの結果、出来事の肯定的な詳細のみを覚えている人は、事実の叙述の正しさの観点から、時にはより大きな重要性を持ちうる側面を全く忘れてしまうことが明らかになった。

つまり良いことのみを覚え悪いことを忘れることは、脳に悪いのだ。

先に伝えられたところによると、米企業:「死んだ状態」の脳を蘇らせることが可能だ。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント