02:08 2019年11月16日
ロシアの物理学者 ユニークなナノダイヤモンド開発

ロシアの物理学者 ユニークなナノダイヤモンド開発

© Sputnik / Alexander Lyskin
テック&サイエンス
短縮 URL
0 120
でフォローする

20年に及ぶ炭素と炭化ケイ素をもとにした超硬度材料研究が、ついに実を結んだ。ロシアと外国の物理学者グループは、地殻の圧縮力の3倍を超す圧力に耐えられる20ミクロメートルのサイズのナノダイヤモンドを作り出すことに成功した。

この超硬度ダイヤは、地球及び遠くの惑星のコアがどんなものか、どのようにできたのかを、さらによく知る手掛かりとなり、また科学を、高温超伝導体製造に近づけるものになる

リア-ノーヴォスチ通信によれば、ドイツの大学(Bayrt大学)で教鞭をとるナターリヤ・ドゥブロヴニク博士と、彼女のロシアの高等教育機関の同僚達は「新しく作り出されたナノダイヤは、極めて高い圧力を伴う作業や、将来開発されるX線顕微鏡の部品として使用できるだろう」と期待している。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント