14:20 2017年03月29日
東京+ 13°C
モスクワ-3°C
    ラオスのASEAN地域フォーラムで日朝対話なるか?

    学説:犬は人といるときのみ幸福を感じる

    © Sputnik/ Konstantin Chalabov
    サイエンス
    短縮 URL
    22508282

    科学者たちが犬の飼い主に対する献身の秘密を解き明かした。「応用行動分析」誌が、犬が本当に幸福を感じるのは人といるときのみだとする調査結果を発表した。

    人が忙しく、かまってくれなくても、そばにいるのが好きなのだという。常にかわいがってくれなくてもよいのだ。一連の実験でそれが示された。

    研究は椅子、テーブル、リビングルームに通じるドアのある部屋で行された。ホールには飼い主が座っていたが、犬との接触は禁じられた。飼い主のそばに行くには特別なボタンを押してドアを開けなければならない。犬はすぐにドアを開けることを学んだ。

    犬が習熟した行動をとる可能性を排除するために、研究者らはおもちゃを部屋に置いたが、それでも犬は人間社会を選んだ。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    新しいコメントを読む (0)