23:29 2020年08月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
1112
でフォローする

米国ワンダービルト大学の学者達は「全人類が死に至るような火山爆発が起きるとしたら、人々はそうした破滅が近づいていることを1年前に知ることになるだろう」との結論に達した。

この研究は「超火山爆発まで1年」と名付けられたもので、科学雑誌「PLOS One」に発表された。

学者グループは、東カリフォルニアの火山性凝灰岩の中の水晶を研究した。この地域の火山が噴火したのは今から760年前のことだが、この事が学者達に手掛かりを与えた。

地質学の専門家らは、。これらの水晶のエッジに注目した。それらは 巨大噴火がおきる少なくとも100年前に形成され始めている。しかし、水晶の三分の二以上は、噴火の起こるまさに1年前に形成されていることが分かった。

こうした事から、専門家らは、超火山爆発が起きることを1年前に知ることができ、人類には、破滅的出来事に向け準備する時間のあるとの結論に達した。

先に伝えられたところによると、火星からの写真で貝に似た物体が発見された

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント