09:03 2019年10月18日
スマート拳銃スマート拳銃

米学生が「スマート拳銃」を開発。米国の暴力抑止の助けに

© 写真 : Kai Kloepfer © 写真 : Kai Kloepfer
1 / 2
テック&サイエンス
短縮 URL
364
でフォローする

このところ火器の保管と使用についてのテーマが米新聞に常に取り上げられている。マサチューセッツ工科大学の生徒カイ・クロッパーさんがスプートニクに、自らが開発した持ち主だけが発砲できるピストルについて語った。

12年7月20日、米コロラド州の町オーロラの映画館で銃乱射事件が起きた。この凄惨な事件はカイさんを行動に呼びたてた。カイさんは次のように述べている。

「我われは火器使用の安全基準を改善しなければならない。そう堅く決心しました」

スマート拳銃
© 写真 : Kai Kloepfer
スマート拳銃
カイさんは、火器購入を求める潜在的な危険人物を1人1人見つけるのは、単に不可能だとすぐさま気づいた。しかし、カイさんが解決可能な火器に関するほかの問題があることもまた理解した。

マサチューセッツ工科大学の生徒カイ・クロッパーさん
© 写真 : Kai Kloepfer
マサチューセッツ工科大学の生徒カイ・クロッパーさん
カイさんは赤ちゃんや部外者ではなく、持ち主だけが利用できるピストルを開発した。そのピストルで発砲できるのは指紋認証をした後だけにした。

「スマート拳銃」実現計画は時間がかかるが、カイさんは、もうまもなく普通のピストルとともに意指紋認証拳銃も販売されるようになると考えている。

カイ・クロッパー氏の「スマート拳銃」製作・生産計画
© 写真 : Kai Kloepfer
カイ・クロッパー氏の「スマート拳銃」製作・生産計画

関連:

ナノロボット、人の静脈に
フランスで鉱物探査のための水中ロボットが開発される
ロシアの学者、あらゆる言語のテキストを分析するプログラム開発
タグ
武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント