02:55 2017年08月22日
東京+ 26°C
モスクワ+ 28°C
    マンモス

    研究者、マンモス絶滅の原因を名指す

    © Sputnik/ Aleksei Kudenko
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 32020

    マンモスの最後の群れの1つは飲料水不足が理由で絶滅したとの結論に研究者グループは至った。BBCが報じた。

    アラスカに程近いセントポール島に生息していたマンモスは約5~6000年前に絶滅した。絶滅の主な原因となったのは地球温暖化による淡水湖縮小で飲料水が失われたことだ。

    島の湖は、全体の水深が深くなったほど海と混じるようになった。マンモスは群れとなってわずかに残った淡水湖を囲み、深刻な水と食料不足、そして急速な絶滅に繋がった。

    先に報じられたところ、ロシア人が自らのダーチャ(別荘)でマンモスの骨と歯を見つけた

    関連:

    学説:地球上の生命の出現は時期尚早だった
    カナダの学者グループ:リンゴから人間の耳のようなものを成長させる(写真)
    未知の生命体が太平洋海底で発見される
    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント