20:52 2017年08月17日
東京+ 27°C
モスクワ+ 23°C
    最後の月探査機、仕事を終える

    最後の月探査機、仕事を終える

    © AP Photo/ Xinhua
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    132430

    中国の最後の月探査機が任務を終了した。科学誌ニュー・サイエンティストが報じた。

    中国国家航天局は、月探査機嫦娥3号(Chang'e 3)は月面で、当初の3ヶ月という期間を延長し約31ヶ月任務を行った。

    ランダーと月面ローバーから成る嫦娥3号は13年12月14日、月に到着した。嫦娥3号は約114メートル移動し、月の内部をレーダー探査した。

    嫦娥3号は37年ぶりに月面に軟着陸した機体だ。地球で14日がたった後、嫦娥3号は動きを止めたが、月のデータを集め続けた。

    17年には中国は、月の土壌のサンプルを日本に持ち帰るため帰還可能な機体を月に打ち揚げる計画だ。

    前に北朝鮮は、次の10年以内に月に国旗を立てるよう取り組んでいた。

    関連:

    NASA 火星探査車「キュリオシティ」にレーザー砲発射を許可
    2017年、宇宙へのチケットが販売開始
    タグ
    宇宙, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント