09:38 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    氷河

    溶けていく氷河で核の危機が発見される

    © Flickr/ GeorgeDement
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    124

    カナダにあるヨーク大学の研究者は、地球温暖化はグリーンランドの氷河に埋もれている核廃棄物の放出につながる可能性があることを明らかにした。論文は科学誌『 Geophysical Research Letters』に掲載された。

    氷が解けると、厚い氷の層の下に葬られている軍事基地Camp Centuryが表面に出ることにつながると明らかになった。

    Camp Centuryは米秘密計画「アイスワーム」(Project Iceworm).の一環で建設された。すぐに計画は終了し、軍事基地は 閉鎖された。しかし、基地のインフラと核廃棄物や化学物質含む廃棄物は、厚い氷の下で眠っている。

    軍事書類が分析され、機知にはおよそ20万リットルのディーゼルエンジンと24万リットルの排水が保管されていることが明らかになった。研究者によると、これら廃棄物は、海に落ち生みの生態系に影響を及ぼす可能性があるため環境に対し危険だという。

    先に伝えられたところによると、ブラッフダイル(ユタ州、米国)住民が明緑色のスライムが下水排水から出現したことに怯えていた

    関連:

    英米豪の学者ら 地球の破滅的な海面上昇は元には戻らない
    日本とロシアの遠征隊 カムチャツカの山を制覇
    南極の氷に鉄の隕石が眠る
    タグ
    環境
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント