14:25 2018年12月10日
考古学者ら、中国の神話上の大洪水の痕跡を発見

考古学者ら、中国の神話上の大洪水の痕跡を発見

© Fotolia / Hans-Martin Goede
テック&サイエンス
短縮 URL
160

北京大学の科学者たちは紀元前1920年頃に発生した黄河大洪水の伝説の証拠を発見した。サイエンス誌に論文が記載された。

研究者らは岩石の破片の下にあった3人の子供の骨格を発見した。川に堆積した地すべりの被害にあったものと見られた。しばらくすると天然ダム内の水位が大幅に増加、ダムは圧力に耐えかねて崩壊した。

伝説によると、夏王朝の禹王は運河を作って黄河の水位を下げ、人々を洪水から救った。しかし後の研究で、現実には洪水は約一世紀後に発生したことがわかった。これにより夏王朝は

前に考えられていたよりも数世紀後に起こったのではと考えられるようになった。これが中国の形成時期にも疑問を付することになった。

先に伝えられたところによると、ロシアのアルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラが発見された

関連:

古代エジプト人には肥満傾向があった
考古学者、マヤのピラミッドの下に死の道を発見 【写真】
カリフォルニア沿岸の海底で謎の紫の球体が発見される(動画)
タグ
歴史, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント