04:13 2017年06月26日
東京+ 22°C
モスクワ+ 19°C
    最も危険なセックス体位、研究者が発表

    最も危険なセックス体位、研究者が発表

    © Fotolia/ Majdansky
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    83643267696

    性行為で女性が上位になった場合、相手を骨折させる原因の少なくとも半分を占めることがブラジルの3箇所の病院で行なわれた調査結果で明らかになった。最も安全な体位は「宣教師」のポーズと呼ばれるもの。

    英国インディペンデント紙によれば、この研究者らはブラジルのカムピナス市の市民を対象に過去30年間にわたって性行為によって外傷を受けた状況調査を行なってきた。調査では42の事例が分析されている。

    性行為の相手が骨折した例は、異性どうしの性行為で28例、同性どうしの性行為で4例、6例が手淫の最中に記録されており、あとの4例は患者も原因について説明がつかなかったという。

    研究報告では、女性上位の性行為は潜在的に相手を骨折させるリスクを負っている事実があることが証明されている。その反対に男性がプロセスを管理する場合、痛みが感じられた際は動きをとめ、相手に与える害を最小限度にとどめるチャンスを男性が多く握ることになる。

    このほかにサウジアラビアで行なわれた調査結果では、こうした外傷は男性がいやいや事にあたると発生しやすいことがわかった。雑誌「泌尿科の成功」に掲載されたレポートによると、1997年から2005年、アッシール市の病院で記録された骨折の主原因はマスターベーションだった。

    先に伝えられたところによると、学者ら、誕生年がセックス回数に与える影響を明らかにした

    関連:

    米市長、セックスと麻薬交換の容疑で逮捕
    アダルトサイトがポケモンGOのパロディを公開(動画18+)
    欧州のセックスツーリズムの首都をマスメディアが名指す
    タグ
    学説, ブラジル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント