20:14 2017年08月19日
東京+ 25°C
モスクワ+ 28°C
    インターネットが性欲を減退させている

    インターネットが性欲を減退させている

    © Fotolia/ NOBU
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 320159

    米国の学者たちは、インターネットが原因で現代の若者たちがセックスに関心を持たなくなったことを明らかにした。

    若者たちはますますセックスへの興味が薄れていることを示し、バーチャル的親密さを好んでいる。

    専門家たちは2万7000人を対象に世論調査を実施した。結果、現代の若者たちは健全な関係への関心を急速に失い、彼らの親が彼らと同じ年齢だった頃よりもセックスの回数がはるかに少ないことが明らかになったという。

    世論調査によると、現代の若者の15パーセントが20歳を超えてもセックスの経験がない。なおそのうちの大勢がセックスの相手を急いで見つけようとはしておらず、現在の状況に満足しているという。

    専門家らによると、全ての責任はソーシャルネットワーク、簡単にアクセスできるポルノ、病的な形で一日中いつでも望む愛を手に入れることができる人気上昇中のバーチャルセックスゲームだという。

    先に未来学者たちは、今後10年で大人のおもちゃとロボットが人間に代わってセックスパートナーになると予測した。

    関連:

    欧州のセックスツーリズムの首都をマスメディアが名指す
    フランス、高齢の男性がセックスショップで心臓発作を起こし死亡
    タグ
    医療, インターネット
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント