06:15 2017年08月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 22°C
    高齢化する人類:2030年までに多くの国で若者が不足

    高齢化する人類:2030年までに多くの国で若者が不足

    © Fotolia/ Oneinchpunch
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 79734

    21世紀において人口の「高齢化」の心配がない唯一の大陸は、アフリカだけだ。

    民間の研究者であるジョセフ・チェイミー氏が行った調査によれば、世界30カ国以上が、いわゆる「高齢化の危機」の脅威にさらされている。すでに現在、フランス、ドイツ、イタリア、日本そしてカナダといった国々では、高齢者が人口に占める割合が極めて高い。

    この問題に最初にぶつかったのはイタリアで、1995年のことだった。調査では、2020年までに、こうした「高齢国クラブ」には、ウクライナやエストニア、ラトビア、キューバも加わる。そしてロシア、アルメニア、中国も、2030年までに「高齢国クラブ」の仲間入りをする見込みだ。

    チェイミー氏の研究によれば、2075年までに地球の人口は、およそ100億人となり、その大部分が大人で、なかでも65歳以上の高齢者は、子供の数よりはるかに多くなるという。

    21世紀に高齢化の恐れのない唯一の大陸はアフリカで、2100年までに、高齢者2人に対し、子供の数は3人となる。なおその割合はナイジェリアやソマリアではもっと高く、高齢高齢者1人に子供は2人以上になると予想されている。

    関連:

    学説:洗濯機がインポテンツを引き起こす
    インターネットが性欲を減退させている
    タグ
    科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント