00:37 2018年07月20日
ハッブル、「新生」銀河2つを発見

ハッブル、「新生」銀河2つを発見

© 写真: NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

天体物理学者のグループが覚醒した矮小銀河2つを発見した。NASAが報じた。年令は1億歳と推定されている。

地球から各1900および 3000万光年の距離に位置する銀河で、通称は「魚A」と「魚B」。そのライフサイクルのほとんどを宇宙の砂漠地帯で過ごしてきたが、今、急速に新しい星を獲得している。天文学者の計算によると、それぞれの銀河に約1000万の星が含まれている。

科学者たちによれば、こうしたシステムからは天の川のような大きな銀河が形成される可能性がある。

先に伝えられたところによると、国際的な天文学者チームが海王星の軌道の向こうに未知の天体を発見した。愛称はニク。

関連:

ロシアは宇宙空間を管理していく
学説:金星は太陽系で初の居住可能な惑星だった
NASA、太陽を攻撃した彗星をいかに太陽が爆破したかを世界に公開 (動画)
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント