10:34 2019年11月15日
クリミア

研究者:黒海は危険になった

© Sputnik / Vladimir Sergeev
テック&サイエンス
短縮 URL
140
でフォローする

この数十年で黒海での時化の回数が増えたと、 ロシア科学アカデミーP.P.シルショフ海洋学研究所の学者が述べた。論文は科学誌「Oceanology」に掲載された。

研究者は37年分の、つまり1979年からの黒海の水塊の挙動についてのデータを研究した。

研究者は1979年からの黒海での時化のデータを分析した。数学的モデリングの結果は、この25年で年平均の波の活発さが10%~15%増加していると示した。そして、いくつかの強い時化の際には黒海での波の高さが、以前の15メートルより5メートル増え、20メートルに達する可能性があるとも示した。

これが意味することは、黒海海岸線を補強し、黒海沿岸のエコシステムを乱す可能性のあるレクリエーション用建造物のいくつかの計画を中止する必要があるということだ。

先に伝えられたところによると、研究者が、ガンが西欧を殺していると明らかにした

関連:

米国のミサイル駆逐艦 黒海に入る(ビデオ)
プーチン大統領 黒海の海底からロシア地理学協会を祝福する(動画)
タグ
科学, 黒海
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント