14:19 2017年03月29日
東京+ 13°C
モスクワ-3°C
    研究室

    ナノサイボーグ軍によりがんを殲滅

    © Fotolia/ kasto
    サイエンス
    短縮 URL
    1100983

    カナダの研究者がガン腫瘍に薬を届けることができるナノサイボーグを作った。論文は『ネイチャー・ナノテクノロジー』に掲載された。

    ナノサイボーグは、薬を内部に届けるバクテリアだ。彼らは腫瘍内にあるいわゆる低酸素ゾーンと言われる酸素の少ない部分を見つけることができる。以前はこのようなゾーンは他とは違い放射線療法を含む多くの医療メソッドに高い耐性があった。

    ナノサイボーグにはコンパスとして働く磁性ナノ粒子の鎖が搭載されている。さらに、ナノサイボーグは酸素濃度を追うセンサーを持っている。ナノサイボーグはこのようにして腫瘍を見つけ、低酸素ゾーンを薬で攻撃する。

    人体に投入されるのは約100体のナノサイボーグだ。

    先に伝えられたところによると、ナノロボット、人の静脈に投入する

    関連:

    ガンがチェコの公衆トイレで前立腺がんがチェックできるように
    ガン細胞に変化する寄生虫が発見
    タグ
    医療, カナダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      んじゃ、このバクテリアにマイクロチップ仕込んだり、それを脳に運んだり、とか悪さしない?
      西側の開発、特にこういうのにはどうしても悪意が含まれていると思えるんだよね。
      当初は悪意がなくとも、開発途中や開発後、発表後にアメ公が乱入し「あーしろこーしろ」と、もしくは乗っ取って自分らの科学者に悪事をやらせたり、さ。
      そういうのしか見てきていないから、西側を信用できるわけがない。
    新しいコメントを読む (0)