01:54 2020年10月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
160
でフォローする

ウルバーハンプトン大学とシェフィールド大学の英国の心理学者たちは、どのようにしたら実際に自分の能力を向上させ、効率的に課題をやり遂げることができるのかを明らかにした。論文は雑誌Frontiers in Psychologyに掲載された。

学者たちは、様々な動機付けの技術が本当に機能するのかを確かめることにした。実験には4万4000人が参加した。

結果、次は課題をもっとうまく解決できると自分に言い聞かせた人たちは、モニタリンググループよりも実際により効果的にテストをこなしたことが明らかとなった。

「私はさらによい結果を出せる」、「私はもっとはやくできる」などのフレーズは、もっとも効果的であることが分かったほか、自分の記録を打ち破ったり、単に上手くいっている様子を想像した場合も、結果が良くなることが分かったという。

先に、伝えられたところによると、米国の学者グループは、一卵性双生児が、一般の人々より若くして死ぬことが少ない理由について、説明した。

関連:

中国学者グループ:一日一杯のお茶は寿命を25%伸ばす
離婚は季節的な現象:妻や夫を特に大切にするべき月が明らかに
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント