15:26 2019年05月27日
病院

科学者ら、史上初めて超音波で昏睡状態を回復させる

© Fotolia / Sudok1
テック&サイエンス
短縮 URL
0 141

アレクサンドル・ブイストリツキ氏率いる米カリフォルニア大の科学者らは、超音波で脳の超音波を刺激するユニークな方法を用いて、頭部に重大な外傷を負った25歳の男性を昏睡状態から覚醒させた。ブレイン・スティミュレイション誌が伝えた。

治療の中で音響信号を生成する受皿サイズの小さな装置を使用して感覚器官からの情報の再分配を司る脳の領域の一つである視床に働きかけを行った。

患者は重度の頭部・脳損傷後、昏睡状態に陥った。装置を用い、10分間にわたり30秒の超音波セッションを10回繰り返して患者の脳に刺激を与えた。患者は当日中に格段に容体を回復させ、3日後には完全な意識を取り戻した。

先に伝えられたところによると、カナダの研究者がガン腫瘍に薬を届けることができるナノサイボーグを作った

関連:

韓国でコレラ、15年ぶりの検出
ドイツ 「がんの治療師」のクリニックでの治療後に70人が死亡
タグ
科学, 医療, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント