05:16 2018年11月18日
甲状腺癌の蔓延を引き起こしたのは・・過剰診断?

甲状腺癌の蔓延を引き起こしたのは・・過剰診断?

© Sputnik / Vladimir Vyatkin
テック&サイエンス
短縮 URL
2710

新しい研究で、甲状腺癌の蔓延が広がっているのは、過剰診断によるところが大きいことが示された。日本を含む12カ国からのデータを使用しているニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌掲載記事で発表された。

研究者によると、新たな診断技術の導入により、健康な人の甲状腺に豊富に存在する多数の腫瘍が発見されている。しかし、これらの腫瘍の大部分は致命的なものとは言いがたい、と研究者。

「しかし一部の医者はそのようなケースで甲状腺療法や放射線療法などの有害な治療を始める」と記事の著者の一人シルヴィア・フランチェスキ氏。

研究者らは、甲状腺および小結節の除去のシステマティクなスクリーニングに警告を鳴らす。

「甲状腺癌の治療のための最善のアプローチを評価し、患者の健康に不必要な害を引き起こすことを回避することが重要である」と研究者。

先に伝えられたところによると、アレクサンドル・ブイストリツキ氏率いる米カリフォルニア大の科学者らは、超音波で脳の超音波を刺激するユニークな方法を用いて、頭部に重大な外傷を負った25歳の男性を昏睡状態から覚醒させた

関連:

韓国でコレラ、15年ぶりの検出
ドイツ 「がんの治療師」のクリニックでの治療後に70人が死亡
タグ
医療
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント