15:18 2017年05月01日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    レーニン

    レーニンに稀有な遺伝上の突然変異が発見

    © Sputnik/
    サイエンス
    短縮 URL
    0 283782

    ロサンゼルスのカリフォルニア大学の研究者グループが、ロシアの革命家ウラジーミル・レーニンは急速な死をもたらす遺伝的な病に罹っていたことを証明した。

    米国人神経医のグループのメンバーはハリー・ヴェンタース、レフ・ルリエ、フィリップ・マッコウィークの4人。この研究結果が雑誌「ヒューマン・パタロジー」に掲載された。

    レーニンの突然の死の原因はいまだに謎のまま。レーニンは10か月間麻痺状態にあった後、53歳で死去している。

    米国人神経学者らの研究で、レーニンの体組織には突然変異が起こり、これが麻痺を引き起こした後、死をもたらす原因になっていたことが解明された。

    このほか、レーニンの脳の血管は石灰化しており、死去間近にはほぼ完全に石化していた。

    専門家らによればこうした症状は遺伝子NT5Eの突然変異によって引き起こされうる。レーニンのこの稀有な病は父親からの遺伝した疑いがある。レーニンの父親も同様の年齢で死去している。

    先に伝えられたところによると科学者ら、史上初めて超音波で昏睡状態を回復させた

    関連:

    ノーベル賞受賞者100人以上、遺伝子組み換え作物を擁護
    遺伝学者 超人的能力を持つ人たちを発見
    遺伝性疾患との戦いにおける遺伝子工学の成果
    タグ
    歴史, 医療, ウラジーミル・レーニン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント