17:50 2018年10月17日
月でもネットに接続可、NASAが発表

月でもネットに接続可、NASAが発表

© Sputnik / Vladimir Sergeev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 05

マスコミがマサチューセッツ工科大学の発表を引用して報じたところによれば、ニューメキシコにある軌道人工衛星、天体望遠鏡の作業の同調に同大学の専門家らが取り組み、成功。このおかげで月面にインターネット環境が出現した。

この技術は「月のレーザーコミュニケーション( Lunar Laser Communication)」と命名。人工衛星でのインターネットは地球の研究者と迅速なやり取りを行なうためには欠かせない。

現在のところデーター通信速度は割合早く、シグナルは毎秒19.44メガ倍度。

月関連のニュースでは先日、現代化された「ソユーズ」シリーズの宇宙船に乗って月面に宇宙旅行に行くことに8人が同意したことが明らかにされた。

関連:

NASA、地球にとって危険な小惑星の岩石サンプルを地球に届ける
NASA、宇宙人との遭遇に準備か?
NASA、火星飛行用エンジンのテストに成功(動画)
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント