10:55 2018年10月18日
モスクワの夏

北半球は2016年の夏、観測史上最も温暖だった

© Sputnik / Evgeniya Novojenina
テック&サイエンス
短縮 URL
202

気象学者らは、北半球では2015年の春以降、記録的に高い平均気温の傾向が確実に続いている、と指摘している。ロシア水文気象センター長ロマン・ウィルファンド氏が述べた。

「2015年の春以降、つまりこの一年半、すべての季節が異常に温暖である。2015年の春、夏、秋、というように、北半球では平均的に極端な値が記録されている。気温は一貫して上昇しており、幅は小さいが、記録を絶えず更新している。これは本当にユニークな現象で予測は困難だ」。

「これは分析と科学的な理解を必要とする非常に珍しい状況だ」と同氏。

今夏は北半球で定期的な気象観測が始まって以来最も暖かいものとなった。

「つまり、1891年以来、最も暑い夏だった」と気象学者。

関連:

グリーンランドの氷 記録的減少
日本、熱中症で搬送患者の数が1週間で5400人を超える、5人が死亡
タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント