05:37 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    NASA

    NASA 自らの全研究成果を無償アクセス可能に

    © Flickr/ Mat Hampson
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 83

    NASA=米航空航空局が資金援助している多量の研究が無償でアクセス可能になる。

    NASAの専門家が新たに、誰でも学術論文を探せるサイト「Pubspace」をつくった。

    閲覧は無料だ。さらに、論文の公式発表1年以内には全てのデータを読むことも、スキャン、分析も可能になる。

    NASAの ディーバ・ニューマン(Dava Newman)副長官によると、NASAは科学技術出版物の広範なポートフォリオへのアクセス拡大の機会を歓迎しているという。
    ニューマン副長官は次のように述べた。

    「オープンアクセスとイノベーションを通じて地球、大気、宇宙研究で我われに加わるよう世界社会を招待する。」

    関連:

    学者 彗星で「休眠中」の着陸船「フィラエ」の発見と撮影に成功(写真)
    学者 新たな地質年代の始まりを発表
    タグ
    宇宙, NASA
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント