14:49 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    帝王切開による子供たちへの避けられない影響が発表される

    帝王切開による子供たちへの避けられない影響が発表される

    © Fotolia/ Kaspars Grinvalds
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 140521

    米国の医師たちは、帝王切開で生まれた子供は肥満になる確率が高いという、帝王切開による長期的なネガティブな影響を発表した。研究結果は、雑誌JAMA Pediatricsに掲載された。これについてガーディアン紙が簡潔に伝えている。

    子宮を切る外科手術によって生まれた子供たちは、産道を通って生まれる自然分娩で生まれた子供たちよりも大人になってから肥満になる確率が約15パーセント高いという。

    医師たちはネガティブな影響の原因について、帝王切開の際に子供の腸に細菌が入り込むことにあると考えている。時間が経つにつれて細菌は体内の代謝率を変え、これが過度の空腹感と過食を引き起こすという。

    医師たちは、帝王切開は高齢出産の女性と肥満女性にとって最も特徴的だと指摘している。医師らによると、帝王切開は増加している。

    先に伝えられたところによると、双子は他の人より長生きすると明らかにした

    関連:

    高身長の予期せぬ利点が発見
    甲状腺癌の蔓延を引き起こしたのは・・過剰診断?
    タグ
    学説, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント