16:23 2018年01月24日
東京+ 6°C
モスクワ-9°C
    米学者 遺伝子はいかに人間の性生活に影響を与えるかを明らかに

    米学者 遺伝子はいかに人間の性生活に影響を与えるかを明らかに

    © Fotolia/ Mikhail_kayl
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 42

    米カリフォルニア州立大学フラトン校の専門家らが伝えたところでは、各人の性的積極性がスタートする時期は、遺伝子の中に組み込まれている。

    研究実験の過程で学者達は、その場合、女性の方が男性より発達が早いという事を明らかにした。13歳で女性は、性的欲望の中で今後変化してゆく感情を感じ始めるとのことだ。

    若者達は、14歳から15歳の時期に性的な積極性を示し始める。その際男性は、大抵女性より恥ずかしがり屋で、その事が性生活開始を妨げる。また青年期における性的積極性が低い理由として、家庭内の争いあるいは学業上の不成功といった日常の問題が、大きく影響を与える可能性のあることも分かった。

    先に伝えられたところによると、オーストラリアの科学者チームは、男性のどのような性格が女性にとって最も魅力があるかを明らかにした。

    関連:

    魅力たっぷりロシアの女子選手たち、あなたはどの最高美を選ぶ?
    英国でセックスロボットの売春宿オープンへ
    タグ
    学説, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント