01:28 2018年09月19日
本

米物理学者は本を開かずに本を読む?

© Fotolia / Pakhnyushchyy
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

米マサチューセッツ工科大学の学者達は、テラヘルツ放射線を用いて、閉じられた本を、本を開かずに読むことができるユニークな器具を開発した。この発明に関する論文は、雑誌Nature Communicationsに発表された。

マサチューセッツ工科大学のバーマク・ヘシマト氏は、スプートニク記者の取材に対し「ニューヨーク博物館はすでに、このテクノロジーに関心を示した。なぜなら彼らは、例えば、手で触れることができない古文書の中をのぞきたいと思っているからだ」と述べた。

ヘシマト氏と彼の実験室の同僚達は、所謂テラヘルツ放射線の助けを借りて、このユニークな技術を作り出した。

この放射線には様々な用途があるが、そのもっともよく知られた特性は、理論上、対象物を「透明化」できる能力だ。マサチューセッツ工科大学の学者らは、この夢を現実にし、文字と白紙を区別できる特殊なスキャナーを開発した。

先の報道では、NASAが資金援助している多量の研究が無償でアクセス可能になった。

関連:

コーヒーは多発性硬化症の進行リスクを下げる
馬は人とコミュニケーションがとれる―科学者
タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント