15:55 2018年07月16日
リロイ・チャオ

NASA元クルー、地球外知的生命の可能性がますます濃厚に

© 写真 : Public domain
テック&サイエンス
短縮 URL
0 54

宇宙探査が進むにつれ、宇宙に人類以外の生命体が存在するという考えにますます傾く傾向がある。元NASA宇宙飛行士 リロイ・チャオ はこうした考えを表した。

チャオ氏は、地球から4光年離れた太陽系外惑星のプロキシマ・ケンタウリbが見つかったことで地球外に文明が存在するのではないかという可能性がはっきりしたと語る。プロキシマ・ケンタウリbは生命体を生み出す条件となる液状の水が存在するのではないかとされている。

カリフォルニアにある地球外知的生命探査研究所の上級天文学者シフ・ショスタク氏は「われわれの太陽系には、仮説的には生命が存在しうる世界が半ダースほどある」と語っており、それを見つけるチャンスも、そうした発見が今後20年の間に起きる可能性もあるとの見方を示している。

これより前、NASAの専門家らが宇宙人の言語、ジェスチャーの翻訳システムの開発に取り組んでいる事実が報じられている。

関連:

天文学者 ブラックホールが生まれる過程を初めて目にする
学者 彗星で「休眠中」の着陸船「フィラエ」の発見と撮影に成功(写真)
タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント