12:58 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    アルコール

    学者、アルコール依存症に勝つ方法を見つける

    © Fotolia/ Joshua Resnick
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 198264

    米カリフォルニア州にあるスクリプス研究所の研究者らが、アルコール依存症から脱却する効果的な方法を発見した。ロシア「コムソモリスカヤ・プラウダ」のサイトで報じられた。

    この方法は、より多く飲むほど扁桃体の細胞がより活性化するという証明されている情報をもとに開発された。実験で研究者らはラットの脳のこのニューロンに作用した。

    スクリプス研究所のジョルダーノ・ディ・グリエルモ研究員の言葉を、ロシア新聞が報じた。

    「我われは数週間にわたって続いたこれほど強い効果をみたことがない。まるでラットがただ依存症を忘れたかのようだ」

    実験の結果によると、研究者らは個々のニューロンの活動を不活性化は、他の習慣に影響を与えずに中毒を抜け出す助けに常になるとの結論に至ったという。

    英国サウサンプトン大学が行った調査によれば、学生ローンの支払いに困難を感じている学生は、通常の学生に比べ、うつ病になったりアルコール依存症になったりする傾向がある。

    関連:

    インターネットが性欲を減退させている
    最も危険なセックス体位、研究者が発表
    タグ
    医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント