01:28 2018年09月19日
地球

学者:地球を次の大量死が襲う時(動画)

© 写真: NASA/Barry Wilmore
テック&サイエンス
短縮 URL
0 55

米国の研究者らが今までに5度繰り返された世界海洋生物の大量死を比較した結果、その法則性を解明し、これを元に次に発生する大量死のプロセスの予測を立てることに成功。ガーディアン紙が報じた。

サイエンス誌に掲載された論文によれば、6度目に発生する大量死はそれまでの現象とは著しく異なる。

次回の海洋生物の大量死はまずホホジロザメやシロナガスクジラなどの大型生物から始まる。海洋生物の絶滅はあらゆる生態系において危機的な変化を引き起こし、その影響は数百万年という単位で表面化する。

大量死のプロセスを説明したビデオはスタンフォード大学のサイトに掲載された。

先に伝えられたところによると、オランダ・デルタレス研究所の研究で、この30年間で地球上の陸地面積が5万8000平方キロ分広がっていたことが証明された。

関連:

地球の全人口が一斉に飛び跳ねたらどうなる?
学者 新たな地質年代の始まりを発表
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント